2017年08月26日

ワレメシ大公開

腎臓がちょっと弱っているワレアさん
腎臓サポートのカリカリの他に、
一日一食みみこの手作り食で腎臓を労ります。


まずうちで1番デカい鍋(通称ワレナベ)に
2リットルのお湯をわかしてカツオ節や昆布で出汁をとります。
出汁パックを使っても良いですが、調味料や塩分無添加のものを使います。
あとはそこにあらゆるものを切ってはぶっ込むだけです。
季節や野菜の値段などによって入るものは毎回違いますが
大体30品目を目標にしています。

DSC_0921-816x460_noexif.jpg

今回入れたのは
はくさい、きゃべつ、にんじん、大根、
えのき茸、舞茸、しめじ、枝豆、冬瓜、16雑穀米
鮭(味付けしてないやつ)、桜えび(塩分等無添加)、
鶏モモ、もずく、ピーマン、こまつな、ごぼう、トマト
ブロッコリーなどなど。
毎回葉物野菜の他にキノコ類とごぼうは必ず入れます。
この日はひじきと切り干し大根を入れ忘れましたが
入れる場合は必ず水でもどしてから使います。

煮込んで
DSC_0923-816x460_noexif.jpg


煮込んで
DSC_0924-816x460_noexif.jpg


ふきこぼれないように
DSC_0925-816x460_noexif.jpg


途中で出汁のパックを取り出すのを忘れないように。
DSC_0926-816x460_noexif.jpg


ここで雑穀米が炊けました
DSC_0928-460x816_noexif.jpg


雑穀米も入れて
DSC_0929-816x460_noexif.jpg

さらに煮たら火を止めてほったらかします。

粗熱が取れたらブレンダーで
DSC_0931-460x816_noexif.jpg


ここからは見た目がちょっとアレなんですが
容赦なくドロドロにします。
DSC_0932-460x816_noexif.jpg


ぬるいぐらいの温度になったら
味見してもらいましょう
DSC_0933-460x816_noexif.jpg


冷凍しないでワレべぇさんに食べていただけるのは
当日と翌日のみですので
DSC_0934-460x816_noexif.jpg

是非食べてもらいたくて
DSC_0935-460x816_noexif.jpg
ワ「はやくしてくれよぅ」


DSC_0941-460x816_noexif.jpg
ワ「いただきっ」


DSC_0947-460x816_noexif.jpg
ワ「もぐもぐ」

み「どうですかね?」
DSC_0949-460x816_noexif.jpg
ワ「うーん」


DSC_0951-460x816_noexif.jpg
ワ「ちっとしか入ってなかった」
み「味見ですからねぇ」

DSC_0955-460x816_noexif.jpg
ワ「もうちびっと」


DSC_0953-460x816_noexif.jpg
ワ「くれょう」


そうもいかないので翌日分を小鍋に
_20170823_224838.JPG



翌々日以降の分を冷凍するため保存袋へ
DSC_0959-460x816_noexif.jpg


せっせせっせとお玉3杯分ずつわけていると
DSC_0960-460x816_noexif.jpg
視線を感じましたよ。
奥の方でおはぎが段ボールを噛みちぎりまくって
ひっくり返っているのも気になります。



小分けにして冷凍する作業が大変ですが
それが終わったら
DSC_0964-460x816_noexif.jpg
み「どうぞどうぞ」
ワ「いただきっ」


DSC_0965-460x816_noexif.jpg
ワ「ングング」
こうして一滴のこらず食べてもらいます。


腎臓が弱ってきたからって、腎臓サポートのカリカリしか
あげたらいけない、なんて絶対嫌だったので
もう何年も続けています。

食べ物大切
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ

2017年07月11日

季節感たっぷり

頂き物のスイカ。
私はスイカは好きじゃないし、オットーも食べないと言うので
種を取ってスイカジュースにしてあげる事にした。
皮に残った少しの果肉はワレアにどうぞ。

DSC_0533-460x816_noexif.jpg
ワ「ガブガブ」

季節だし、ワレアは腎臓も弱ってきているからスイカは良いんだよ!
思っていた以上に美味しそうにがっつきます。

DSC_0536-460x816_noexif.jpg
ワ「くぬやろっくぬやろっ」

ワレアの家族であり大親友のおはぎも見守ります。
DSC_0541-816x1450_noexif.jpg
お「すっげー食ってんじゃん」

自分の納得できるポジションに移動して食べていたので。
あら、良いじゃーん。と言うとめっちゃ不機嫌になりました。

DSC_0544-816x460_noexif.jpg
ワ「取らないで!」
私「取らんわ!つかいらんわ!」


その後、スイカの皮の片方が行方不明になりました。
よっぽど私にスイカを取られたくなかったのでしょう。

夜になって、オットーが俺の布団にスイカの皮がある。
と大騒ぎでした。ワレアさん、そこが一番安心して
スイカを食べられる場所だったのね。


可愛い奴だよ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ

2017年06月26日

はじめてのウインナー作り

突然ですが
先日ついにソーセージメーカーを手に入れたのです

DSC_0275-816x460_noexif.jpg

さっそく作ってみるために、羊腸をネットで注文したのですが
もういてもたってもいられない!届くまで待てない!
今日中に作りたい!!と、わが町の製菓、料理材料店に行って手に入れてきました。

ソーセージメーカーに塩抜きした羊腸を装着します。

IMG_20170625_195703_noexif.jpg

味付けした挽き肉をソーセージメーカーに入れ、
ガチャガチャと挽き肉を腸に充填していくのですが

感想は「ムズっ」
「かたい、手が痛い」

と文句ばかり申しましたが
なんか見たことあるようなのができました
DSC_0279-460x816_noexif.jpg

あらゆる方面に申し訳なくなるくらいテッキトウに燻製していきます。
時間も適当です。ここで焼けてしまわないようにだけ気をつけました。
DSC_0278-460x816_noexif.jpg

燻製したのを今度は焼きます
DSC_0281-460x816_noexif.jpg

盛り付けて
IMG_20170625_195737_noexif.jpg

味は

「ふっつう(*'▽'*)」

改良の余地あり。でも美味しかったです

普通に。


ラベル:料理
posted by みみこ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 

2017年08月26日

ワレメシ大公開

腎臓がちょっと弱っているワレアさん
腎臓サポートのカリカリの他に、
一日一食みみこの手作り食で腎臓を労ります。


まずうちで1番デカい鍋(通称ワレナベ)に
2リットルのお湯をわかしてカツオ節や昆布で出汁をとります。
出汁パックを使っても良いですが、調味料や塩分無添加のものを使います。
あとはそこにあらゆるものを切ってはぶっ込むだけです。
季節や野菜の値段などによって入るものは毎回違いますが
大体30品目を目標にしています。

DSC_0921-816x460_noexif.jpg

今回入れたのは
はくさい、きゃべつ、にんじん、大根、
えのき茸、舞茸、しめじ、枝豆、冬瓜、16雑穀米
鮭(味付けしてないやつ)、桜えび(塩分等無添加)、
鶏モモ、もずく、ピーマン、こまつな、ごぼう、トマト
ブロッコリーなどなど。
毎回葉物野菜の他にキノコ類とごぼうは必ず入れます。
この日はひじきと切り干し大根を入れ忘れましたが
入れる場合は必ず水でもどしてから使います。

煮込んで
DSC_0923-816x460_noexif.jpg


煮込んで
DSC_0924-816x460_noexif.jpg


ふきこぼれないように
DSC_0925-816x460_noexif.jpg


途中で出汁のパックを取り出すのを忘れないように。
DSC_0926-816x460_noexif.jpg


ここで雑穀米が炊けました
DSC_0928-460x816_noexif.jpg


雑穀米も入れて
DSC_0929-816x460_noexif.jpg

さらに煮たら火を止めてほったらかします。

粗熱が取れたらブレンダーで
DSC_0931-460x816_noexif.jpg


ここからは見た目がちょっとアレなんですが
容赦なくドロドロにします。
DSC_0932-460x816_noexif.jpg


ぬるいぐらいの温度になったら
味見してもらいましょう
DSC_0933-460x816_noexif.jpg


冷凍しないでワレべぇさんに食べていただけるのは
当日と翌日のみですので
DSC_0934-460x816_noexif.jpg

是非食べてもらいたくて
DSC_0935-460x816_noexif.jpg
ワ「はやくしてくれよぅ」


DSC_0941-460x816_noexif.jpg
ワ「いただきっ」


DSC_0947-460x816_noexif.jpg
ワ「もぐもぐ」

み「どうですかね?」
DSC_0949-460x816_noexif.jpg
ワ「うーん」


DSC_0951-460x816_noexif.jpg
ワ「ちっとしか入ってなかった」
み「味見ですからねぇ」

DSC_0955-460x816_noexif.jpg
ワ「もうちびっと」


DSC_0953-460x816_noexif.jpg
ワ「くれょう」


そうもいかないので翌日分を小鍋に
_20170823_224838.JPG



翌々日以降の分を冷凍するため保存袋へ
DSC_0959-460x816_noexif.jpg


せっせせっせとお玉3杯分ずつわけていると
DSC_0960-460x816_noexif.jpg
視線を感じましたよ。
奥の方でおはぎが段ボールを噛みちぎりまくって
ひっくり返っているのも気になります。



小分けにして冷凍する作業が大変ですが
それが終わったら
DSC_0964-460x816_noexif.jpg
み「どうぞどうぞ」
ワ「いただきっ」


DSC_0965-460x816_noexif.jpg
ワ「ングング」
こうして一滴のこらず食べてもらいます。


腎臓が弱ってきたからって、腎臓サポートのカリカリしか
あげたらいけない、なんて絶対嫌だったので
もう何年も続けています。

食べ物大切
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ

2017年07月11日

季節感たっぷり

頂き物のスイカ。
私はスイカは好きじゃないし、オットーも食べないと言うので
種を取ってスイカジュースにしてあげる事にした。
皮に残った少しの果肉はワレアにどうぞ。

DSC_0533-460x816_noexif.jpg
ワ「ガブガブ」

季節だし、ワレアは腎臓も弱ってきているからスイカは良いんだよ!
思っていた以上に美味しそうにがっつきます。

DSC_0536-460x816_noexif.jpg
ワ「くぬやろっくぬやろっ」

ワレアの家族であり大親友のおはぎも見守ります。
DSC_0541-816x1450_noexif.jpg
お「すっげー食ってんじゃん」

自分の納得できるポジションに移動して食べていたので。
あら、良いじゃーん。と言うとめっちゃ不機嫌になりました。

DSC_0544-816x460_noexif.jpg
ワ「取らないで!」
私「取らんわ!つかいらんわ!」


その後、スイカの皮の片方が行方不明になりました。
よっぽど私にスイカを取られたくなかったのでしょう。

夜になって、オットーが俺の布団にスイカの皮がある。
と大騒ぎでした。ワレアさん、そこが一番安心して
スイカを食べられる場所だったのね。


可愛い奴だよ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ

2017年06月26日

はじめてのウインナー作り

突然ですが
先日ついにソーセージメーカーを手に入れたのです

DSC_0275-816x460_noexif.jpg

さっそく作ってみるために、羊腸をネットで注文したのですが
もういてもたってもいられない!届くまで待てない!
今日中に作りたい!!と、わが町の製菓、料理材料店に行って手に入れてきました。

ソーセージメーカーに塩抜きした羊腸を装着します。

IMG_20170625_195703_noexif.jpg

味付けした挽き肉をソーセージメーカーに入れ、
ガチャガチャと挽き肉を腸に充填していくのですが

感想は「ムズっ」
「かたい、手が痛い」

と文句ばかり申しましたが
なんか見たことあるようなのができました
DSC_0279-460x816_noexif.jpg

あらゆる方面に申し訳なくなるくらいテッキトウに燻製していきます。
時間も適当です。ここで焼けてしまわないようにだけ気をつけました。
DSC_0278-460x816_noexif.jpg

燻製したのを今度は焼きます
DSC_0281-460x816_noexif.jpg

盛り付けて
IMG_20170625_195737_noexif.jpg

味は

「ふっつう(*'▽'*)」

改良の余地あり。でも美味しかったです

普通に。


ラベル:料理
posted by みみこ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする